【スマホ漫画】弟の顔して笑うのはもう、やめる|私は彼の気持ちを無視しつづけた…家族の形を守るため…

この記事は2分で読めます

弟の顔して笑うのはもう、やめる
作者:神寺千寿
>>【スマホ漫画】弟の顔して笑うのはもう、やめる|配信サイト詳しくはコチラ<<
*漫画試し読みは無料です!

人に気持ちはそう簡単には変えられません。

特に恋愛がらみの感情は時に絶対的で、強固な感情です。

何年たっても、誰に何を言われても変えられないのが好きな気持ち。

抑えてきた感情は心の中でくすぶり続け、ある日突然に爆発してしまうのです。

ちょっとしたキッカケがあるだけで…。

小野瀬美羽と蒼介は姉弟ですが、血はつながっていません。

家族になったのは13年前、今ではすっかり馴染んでいます。

ふたりは適度に仲は良く、美羽には彼氏がいて蒼介にも彼女のような存在がいる状態。

この関係は姉弟以上のものはならない、はずだったのですが…。

美羽の彼氏は蒼介の親友でもある西条先輩。

おねえちゃんを紹介して欲しいと頼まれ、ふたりは付き合うことになりました。

今は周囲も認めるカップルで、蒼介もふたりの関係に反対はしていません。

でも、美羽を紹介している時におかしなことが起こっていました。

隣同士で座る美羽の手を蒼介はずっと握っていたのです。

西条先輩には気づかれないように何気ない会話をしながら…。

こんな風に蒼介は美羽に対して不思議なちょっかいをかけてきます。

ところが美羽の方は一切、取り合おうとしません。

彼が何を考えているのかわからないし、考えたくもないから。

彼女はとにかく今の関係を崩したくないのです。

西条先輩との恋愛もうまくいっているし、家族の関係もちょうどいい。

こうして見て見ぬふりをし続けた美羽ですが、蒼介の行動はさらにエスカレートし続けて…。

気持ちをずっと抑え続けた蒼介ですがついに爆発!?

超えてはいけない一線を越え、相手が傷ついても止められないまま暴走してしまいます。

禁断の姉弟の恋愛をエロさより、切なさを感じる形で描いているのが「弟の顔して笑うのはもう、やめる」の大きな魅力。

姉を求める蒼介と弟を拒絶し続ける美羽。

すれ違うふたりの気持ちの終着点は一体、どこなのか?

どこへ着地しても誰かが傷ついてしまう恋の結末をぜひ、あなたの目でお確かめください。

弟の顔して笑うのはもう、やめる
作者:神寺千寿
>>【スマホ漫画】弟の顔して笑うのはもう、やめる|配信サイト詳しくはコチラ<<
*漫画試し読みは無料です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

アーカイブ

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー

【スマホQRコード】